2017/06/20

男子高校生弁当 6/19

『豚肉とたけのこの高菜炒め丼』&『油淋鶏』弁当

●主食兼主菜兼副菜
『豚肉とたけのこの高菜炒め丼』
豚肩ロース肉、たけのこ、パプリカ、高菜漬けを炒めて、オイスターソースで味つけ。
高菜の塩分を考慮して、オイスターソースは風味づけ程度。

●主菜
『油淋鶏』
鶏もも肉1枚を切らずに下味をつけ、片栗粉をしっかりとまぶして揚げ、食べやすく切って、ネギソースを添えています。
鶏肉は前夜に揚げ、ソースは多めに作って常備。ソースはゆで豚や蒸し鶏、冷奴にも合います。

ソースをかけると鶏肉の衣がふやけてしまうので、別添えに。

●春雨サラダ
とうもろこしを数本いただいたので、レンジで蒸しておいたものをいつもの春雨サラダに加えました。

ごはんには白ごま。

『豚肉とたけのこの高菜炒め』は新作。反応が気になります。

「豚肉と高菜、いいんじゃね。油淋鶏はやっぱり皮がパリパリのときに食いたいな。春雨サラダ、いつもより味薄かった。」

作りたてを味見したときは、いつもと同じだと思っていましたが、きゅうりの塩もみを省いたのが敗因。
きゅうりの水が出て薄くなってしまったようです。

2017/06/19

男子高校生弁当 6/16

『エビシューマイ』&『鶏肉と野菜の南蛮漬け』弁当

●主菜
『エビシューマイ』
エビのすり身と豚ひき肉のシューマイ。蒸したものを冷凍して常備。

●主菜兼副菜
『鶏肉と野菜の南蛮漬け』
鶏肉とパプリカやナスを揚げてポン酢しょうゆ:だし汁=1:1の南蛮酢に漬けました。

●副菜
『豆もやしのナムル』
豆もやしをさっとゆでて、ダシダ(韓国の牛肉風味ダシ調味料)、砂糖、塩、こしょう、ごま油、で和えたもの。

全て作り置きのおかず。

ごはんにはザーサイを添えました。

「どれもうまかった。ナムル、もっと食えたな。」息子談。

2017/06/18

男子高校生弁当 6/14

『ドライカレー』&『豚肉といんげん豆のポトフ』弁当

●主食兼主菜兼副菜
『ドライカレー』
ピーマンのみじん切りがたっぷり入り、トマトジュースで煮込むドライカレー。レーズンも入る母直伝のレシピ。
いつも多めに作って冷凍してあります。
料理好きの母も年をとると億劫になることもあるようで、先日は冷凍しておいたドライカレーを父と2人分、おすそ分けしました。

●主菜兼副菜
『豚肉といんげん豆のポトフ』
豚肩ロース、いんげん豆、にんじん、セロリ、玉ねぎをコンソメ、ローリエなどで煮込んだもの。
熱々をスープジャーに。

ちなみに、お皿の写真は私がランチに食べた同じものです。
いんげん豆が豚肉や野菜のうま味を含んで、自分で言うのもなんですが、美味。
作りたてより、翌日の方が味がなじみます。

どちらも息子の好物なはず。

「今日の弁当?うまくないわけないじゃん。豆、うまいね。」と一言。

2017/06/13

男子高校生弁当 6/12

『うな丼』&『鶏のねぎ塩焼き』弁当

●主食兼主菜
『うな丼』
1週間の始まり、景気づけに景気よく、国産うなぎのかば焼きを。

●主菜
『鶏のねぎ塩焼き』
久しぶりの登場。今回は少し大き目に切った鶏もも肉で。
うなぎが甘辛味なので、こちらは塩味にしました。

●副菜
『ブロッコリーのおかか和え』
ゆでおきのブロッコリーをポン酢しょうゆとかつお節で和えました。

『さつまいもの甘煮』
こちらも久しぶりの定番の1品。
傷まないように汁けをかなりとばしています。

すきまに塩ゆでの枝豆を。

左上は中華おこわ。
豚肉、にんじん、グリンピース、しいたけが具。冷凍しておいたものです。
ザーサイを添えて。

おこわのレシピを知りたい方は下記のサイトをご覧ください。
サイトでは「中華ちまき」で紹介されていますが、同じものです。

https://kids.gakken.co.jp/parents/hobby/kodomonohimenu/


さて、息子の感想は
「うなぎは当たり前にうまい。ねぎ塩、久しぶりだったね。さつまいもはうまかったけど、唾液、吸われたわ〜。」

確かにさつまいもの甘煮はもとのさつまいもの水分が少なくい上に、煮汁をとばしたから、もさもさしたのでしょうね。

2017/06/12

男子高校生弁当 6/9

『から揚げ丼』&『イワシのピカタ』弁当

●主食兼主菜
『から揚げ丼』
しょうゆ味で冷凍保存した置いた鶏肉を前夜に冷蔵庫に移して解凍。朝、片栗粉をまぶして揚げ、ごはんにのせました。

●主菜
『イワシのピカタ』
開いたイワシに塩、こしょうをなじませ、小麦粉を薄くまぶて、溶き卵にパセリのみじん切り、粉チーズを加えた衣を絡めて両面をきつね色になるまでやきました。

●副菜
『ラタトゥイユ』
季節の野菜入り。インゲンやトマトはフレッシュを。野菜室に残っていたシイタケやシメジも一緒に煮込みました。
白ワインビネガーかリンゴ酢少々でキリッとした味わいにしあがりますよ。

『素揚げそら豆』
鶏肉のから揚げを揚げる前に、ちょっと切れ目を入れたそら豆を素揚げして、塩をふってます。

息子の一言。
「唐揚げ、うまかった!あ、イワシもよかったぜ。」

2017/06/05

男子高校生弁当 5/30

『焼鳥丼』&『サワラのゆずこしょうグリル』

●主食兼主菜
『焼鳥丼』
冷凍保存していた焼き鳥をレンジ解凍して、ごはんにのせました。写真は七味唐辛子をふり忘れています。

●主菜
『サワラのゆずこしょうグリル』
サワラにゆずこしょうを酒でのばしたものに漬けておき、朝、副菜のズッキーニ、パプリカを一緒にホイルに入れてグリルで焼きました。

ズッキーニとパプリカはポン酢しょうゆで和えて副菜に。

●副菜
『ズッキーニとパプリカのグリル ポン酢仕立て』

右上の柑橘は国産のブラッドオレンジ。
小ぶりで甘味が強いです。スマイルカットにすると食べやすいです。

ゆずこしょうを入れすぎたかな?と気になっていたので、

「サワラ、どうだった?しょっぱかった?」と訊くと、
「いや、ごはんのおかずにはちょうどよかったぜ。」と息子。

肉より魚に軍配があがったお弁当でした。

2017/05/25

男子高校生弁当 5/22

『アジのかば焼き丼』&『ミートボール』弁当

●主食兼主菜
『アジのかば焼き丼』
3枚におろしたアジを食べやすい大きさに切り、塩をふって水けをふき、小麦粉を薄くまぶして両面を焼いて、同割のしょうゆ・みりん・酒を絡めました。
アジを焼く前にししとうを焼いて、塩をふったものを添えてます。

●主菜
『ミートボール』
合いびき肉、玉ねぎのみじん切り、パン粉、牛乳、卵、塩、ナツメグをよく混ぜ、直径3�くらいに丸めて焼いて、炒めた玉ねぎ、にんじんとデミグラスソース、赤ワインなどでじっくり煮込んだ夕飯のおかずを冷凍しておいて、朝、レンジで再加熱したものです。

お弁当用に冷凍するときは、汁けをきるのがポイントです。

●副菜
『ブロッコリーのサラダ』
ゆで置きのブロッコリーに、シーザードレッシング。

『ボイルコーン』
今年、初めての生のとうもろこし(鹿児島産)。
ボイル、といっても、ゆでているのではなく、とうもろこしを皮ごと水にくぐらせ、ラップをぴっちり巻いて、600Wのレンジで4分加熱して蒸らします。
前夜に作っておきました。切り分けて、残りは次のお弁当用に冷凍!

「今日の弁当?。あーよかったぜ。」と息子。

「え、何が?」と訊いた時には、自室へ直行。

空っぽのお弁当箱を出していったから、まあ、よかったのかな?